line

社団法人昭和経済会

理事長室より
LAST UPDATE: 2017年10月24日 RSS ATOM

HOME > 理事長室より

理事長室より

Vol.12-12 講演・忘年会

12月講演親睦会・NHK解説委員・山田伸二先生

   NHK解説委員、山田伸二先生の講演会は12月4日午後6時から開催、時局多難な時期を迎え濃密な知識の吸収を得て質疑応答も含め活発に終始し3時間に及び、9時過ぎに終了しました。
   山田伸二先生は当会の経済講演については専ら親しく、会員諸兄と歓談の時間を通し有意義に過ごすのが常例となっています。親しみやすく、この日も先生の熱のこもった講演を伺った後は、会員諸兄は一通り持論、自説を披瀝し先生の解説を熱心に求めていましたが、その質疑応答も大変示唆に富み大いに参考となりました。
    迎える新年度の経済展望も内外の激しさに加え予断を許さないものとなりそうで、発想の大転換を個人的にも求めるもので、かえって奮起を促すものとなりました。情報の交換を密にして新規市場の開拓に、新規製品の開発に一層の努力を傾注していくべきものと人後に落ちない工夫を内外に発揮すべきことが確認されました。尚、掉尾の一振に期待して年内を健康に過ごし、来たるべき新年の活躍に備え一同乾杯を以て祝意を表した次第です。ありがとうございます。 12月6日
   
   追記
  NHKの解説委員室のテレビに登場する活動は極めて活発で、近時、番組の編成替えもあってのことでしょうか、注目を以てスイッチを入れております。毎日の午後11時50分からの時論公論、解説委員が集まって専門的見解を述べ合う番組など大いに勉学の機会を得、毎日の活動に大変参考になりますので、各位に視聴するように勧めております。こうした番組の生きた時間など、もっと増やしていってほしいと願うものです。

        年内の行事
   12月20日前後に来年度の予算案の審議の総会を開催します。開催日並びに時間が決まり次第、各位にご通知いたします。年末多忙のところ恐縮ですが、よろしくお願い致します。  12月6日


       ********************************


      どさくさ、びっくり 衆議院議員選挙の結果。 安倍さんの再登板に期待。
      世の中は気分一新、 日本経済は始動開始か


人騒がせな総選挙が終わった。人騒がせな選挙といっても四年に一度に期待をかけるアメリカ大統領選挙のように、夢と希望を託したお祭り騒ぎのようなものでない。三年六か月の民主党政権下で鳩山、菅、野田と首相交代劇であった。毎年目まぐるしく変わる日本の首相が慣れっこになってしまった日本の有権者である。くそも味噌も一緒と云ったらひどすぎるが、魅力ない政党と候補者の中から、とにかく有権者の義務と責任で正しい一票を行使しなければならない。正しい一票となるかならぬか、やってみないことにはわからない。この日も自分のやりたいことを繰り上げたり、好きに使いたい時間をそのために使って、やっぱり一票を行使してよかったと思うのである。しかし一向に盛り上がらなかった選挙であった。選挙民にとってどこの政党に投票すべきか、誰に投票すべきか困惑の体に過ぎた一か月であった。困惑とは判断に困って投票するすべがないということで、これが今回の投票率の低迷に終わった証拠である。国民一人一人の義務であり責任である大切な一票を投じた人々が沢山いたが、しかし又一方で棄権者続出で投票率が最低の数字だったということである。政治から民意が離れてしまっている証拠で、少子化の問題と一緒で深刻であり、危惧すべきことである。論じるのも馬鹿馬鹿しいくらいであった。選挙に向かって泡沫政党が離合集散、合従連合を繰り返し、その間を魑魅魍魎の有象無象の、どうでもいい人間がたむろして職探しに狂奔している姿がそこにあった。このタイミングを逃すと、あと何年か食いつないでいかなければならない。下手をすれば失業である。そのためにも形振り構わず、目先にブル下がった職にしがみつかなければならない。千載一遇のチャンスである。理念も信念もマニフェストもへったくりもない。選挙民をだまして運良く当選してしまえば、この先何年かは安泰に暮らしていけるからである。どうせやることは、その後も禄なことでしかない。裏を返せば役人がしっかりしているから、この国はもっているということである。筋の通った公務員改革が必要に練る。
   人間性を買って野田は好きだが取り巻きに馬鹿が多かった。人に恵まれないたちで、本人の実力を十二分に発揮できない政治家である。一生懸命やることはやり遂げてきて歴代首相の中でも実蹟を積み上げてきている一人だが、独楽の舞い倒れに終わってしまったところもあって志半ばで憤死した。残念である。安倍さんのように捲土重来の再起は望めないだろう。今回の選挙が象徴するように落選不可避と見た鳩山元首相は立候補を断念したし、菅元首相は落選したが、比例代表で難を免れた。親分が憤死したのに命運を共にした子分もいる。悲喜こもごもだが田舎芝居に成り下がっている。わたしの地元世田谷の第5区でも、首相補佐官をしていた大學OBの後輩が落選し、比例でもダメだった。毎夕、街頭演説に一人マイクを以て立っていたが、当選すると忙しいかもしれないがすぐにやめてしまった。地道な努力が必要なのに、修行を積むことを忘れた人の姿を地元の人やよく見ているものだ、小選挙区制の恐ろしさ、すさまじさである。
    病から立ち上がった安倍さんは意外に気骨がある。政権を放り出し時は見るに見かねたが、再起に成功した。時代の風向きが幸いした面もある。長引くデフレ、原発事故の収束、景気回復、TPP,竹島、尖閣諸島と、どれをとっても野田さんでは行き詰まってしまっていた。まして民主党はガタガタでコントロールが乱れ、制御不能に陥っていた。もはや時間の問題であった。ねじれ国会を収束して、国会運営と活動を生きたものとしなければ、被害をもろに受けている国民はたまったものではない。政治が動かなくなっていることに自らの認識がなかった。野田さんはじめ、加担者にはこの理解と認識の欠如で、既にやる気がなくなっていた。世界でも概ねの国々で指導者が変わって、意識改革にちょうどいい時期に来ていた。不利な状況を日を追って作り出している野田さんも、イライラが昂じて状況判断を間違えて、安倍さんとの問答に不覚にも乗ってしまった。打って出た解散、選挙の結果は斯くの如き惨状で、惨敗であった。解散の時期が悪かったのではない。既にダメだったのである。国民の怒りが爆発した結果が、そこにある。たった57議席を得て4分の1に数を減らした。
   今日18日の朝日新聞の二面を大きく使って、当選した480名の議員諸侯の顔写真が賑やかに載っていた。こりゃあ大変だ、とつぶやいていたら、どうかしたんですかと妻が訊ねるのである。此のなかに真正なものが幾人いるかである。有象無象の乗った新聞を見ていたら、この先が真っ暗になってしまった。そりゃあそうだろう、国民はこの連中をこれから食べさせていかなければならないんだ。AKB48みたいなら楽しいが、男を含め張ったり一本の田中真紀子みたいなかみさんや予備軍が、わんさと紛れ込んでいるかもしれないし、放り出せば的屋みたいな連中ばかりで、煮ても焼いても食えるしろものじゃない連中ばかりさ。この連中を食わせるために一年、表面的に2億円の金がかかる。そのための余分の経費も国民が負担してやらなければならない。それだけの働きをしてくれれば文句はないが、徒党を組まなければ何もできない連中である。暇に任せて、あとは税金をいかに収奪するか、これに目を凝らして暗躍する連中が多い。困ったものである。この原理原則が永田町を駆け巡って地方におよぶから、福島原発事故の放射能みたいなもので、しかもこれは除染が効かないものである。政治家と役人の結託、現代の資本主義社会と企業集団との利権は、この地上で人間が息しているところ必ずついて回るものである。それに抵抗すると世の中から弾き飛ばされてしまうスキームになっている。だから生きていくことは難しいのである。そこに人間の英知と忍耐と胆力が発揮され、果実を得たときのよろこびがある。翻って経済競争に日夜健闘する企業の諸君たちは、その使命を十分に発揮して社会の発展に寄与し、企業の発展と進歩と厚生を見つけ出して、世に存在意義を以て喜びとしていかなければならない。それは自分自身の確立につながり、企業は技術と改革の日夜を通して、与えられた快適な束縛がある。艱難辛苦の克服に、夢と希望を以てこの国に住む誉、堕落していった民主党のおかげである。
   自民党が決していいわけではない。苦々しい限りだが、古い人間が続々帰り咲いて百花繚乱の感がするが、悪臭を放ち嫌悪の感もする始末に驚きを隠しきれない。しかし病を克服して再登場を図った安倍さんの気骨と力量に期待して、これからの日本の進路を確たるものとして邁進してもらおうではないか。内憂外患の日本の状況である。幸い史上最悪の東北大震災の影響も徐々に払拭して、再興、再建への自信も強固に植え付けられてきている。ここで有効に復興の速度を上げる必要がある。政治の空白を懸念した選挙期間も無事に過ぎて終わり、ひと区切りがついた。みんなが清新な気持ちになって国難を乗り切っていかねばならない。大震災の被害、損失で、ただでさえ大きく乗り遅れている海外との経済競争である。気分一新、世の中の力を少しでも挽回しなければならない。株式市況の明るい動きを以てしても、民間経済は大きく前に動き出している。今ここで後ずさりはできない。久々に力のこもった株式市場の動きである。期待する政治の活動も早くも始動し始めた。大きな揺さぶりの後の、颯爽の登場と云いたいが、しかし奢らず、穏やかで謙虚な安倍さんの対応を見て聊か安心した。過激に走らずゆっくりと、慎重に事を決めて行ってもらいたい。自民党は生まれ変わって出てきたと安倍さんは言っている。往時の真似事をして、その轍を踏んではいけない。当面は弥じろ兵衛と思って、しばし動きの止まるのを待つしかない。そのうち何とかなるだろ、とは往年の植木等のはやり歌であった。
   安倍さんの盟友であり指南役の麻生の先輩が知恵を授けているらしいが、なかなかの人物なれば大過なく役割はうってつけかもしれない。その他はどうもきな臭い感じでいやらしいが、人選を誤らず、古い自民党を脱皮した確たる信念を打ち出してもらいたい。総花的にならず先ずは強い日本を取り戻すために、経済復興の一念に燃えて驀進してもらいたい。ドライな感じがするかもしれないが、経済が良くなればすべてよくなる。 目先の株式と為替は日銀が介入しなくとも、安倍さんの確たる信念堅持を以て巧みに火付け役を演じれば、初動操作を以て、目先は簡単に回復するはずである。目先はデフレ脱却を最大政策として位置づけて3パーセントの物価上昇率を達成を目的に、超金融緩和を日銀に促している安倍さんである。助走段階に入って、あとは連続性のある政策を打ち出すことで、実体経済にその兆候が出てくるだろう。ここまで落ち込んだ経済である。大型補正予算を直ちに組んで、大判ふるまいを演じてもらってもいいだろう。公共投資の手法もあるが問題は中身であって、無駄なものに湯水のごとく使い果たしていくようなものであってはならない。中間で消えていくようなものであってはならない。振り返ってみて、これまでのもやもや、うずうずした対流は、民主党政権時代にうつ病となって内にこもっていたがゆえに、反動として一気に噴き出すかもしれない。反応の早い外人投資家は目敏く、解散、総選挙に突入した時点で、猛然と日本株の買いに転じている。規制にかかる日本の金融機関、生保などは、財務改善を志向してびくびくしながら売りに向かっている。だが、株、土地はすでに将来を見越して強き見方に大転換しているとみたい。願うところは絶大な権力を手にした安倍さんが、上手に組閣して、清新な気概を以て発進してもらうことである。 志高く、安倍さんの健康と活躍を祈って今日を祝福するところでる。

+++

惨敗の民主党に勝つ自民党世の刷新に良きや兆しに

政権の交代に明け民衆の英知と力を発揮するなり

積年の鬱積に見る国民の活路打開に使ふ一票

この国の民の英知と情念をすべてに充たし世に尽くすべし

政権の交代を成し株式の俄かに上を向きて行くよし

日本の株式市場に大いなる刺激となりて先を買ふべし

株式のどん底にいて日本の株式を買ふ外国投資家

株式の投資は千載一遇のチャンスとうかがひ武者ぶるひとも

期待する安倍内閣を株式に変えて将来を見つむかしこき

日本の基本精神を憲法の平和に置きて世にぞ果たさん

落選の大臣議員の顔ぶれを見れば阿保づら下げて並べり

落選の憂き目にあひてただの人ふり向く人のなきぞ悲しき

選挙区を行けば屋台で酒を飲む元大臣の落選議員

当選の議員は浮かれて料亭にどんちゃん騒ぎの意気ぞ高ぶる

この国の二大政党の確立に失敗せるは口惜しきかな

泡沫の選挙目当ての小政党乱立に泣く選挙結果の

浅草の羽子板市に買ふ羽根の舞ふと仰げばかかる三日月

待乳山聖天様に二股の白き大根を供ふ寒ぞら

大根を供ふ聖天さまのほほえみに返す汝が身に覚ふつやめき

正月の近きつつみに立ちてみるスカイツリーの澄む空にたつ

ふるさとに建つ聖天さまと観音さま近くに住みて利やく豊かに

株式の反騰にわく日本の我が経済の捲土重来に

円安と株式反騰に日本の総力を挙げ先に進まん

戻り値の高値更新に大納会おさめ新年の望みわが手に

歳末の銀座通りをひとりゆく人かげ絶へておもむきもよし

商戦にあきなひ弾み来る年のふたたび商機に賭けるあきんど

この年の運の憑きに賭け来る年に望みを満たす好機ならんや

安倍さんの大病を経て今人として成る道の強くあれかし

経済の成長路線を堅持してデフレ脱却の道を拓かん

積年の恨みを晴らし来る年の栄えに民の存在を期す

四面そか課題山積に立ち向かふ安倍政権に寄する期待は

国会の解散ののち膿を山し精神の気に世を打ち立てぬ

民主党政権与党のだらしなさ民を裏切り今にし思ふ

国会の赤じゅうたんを踏みつけて勝手次第に振る舞ひにけり

馬鹿者をそろへ大臣の座を与えじきに罷免の醜態の末

株式の俄かに上昇機運にて景気回復のてことなさしむ

うちに憂そとに患ひの山積す今立ち上がる好機なるべし

政策のことの成否はともかくに先ず打ち上げん大花火かな

主導者の首すげ替えし国たみの英知と勇気を高くたたへん

年の瀬の政権奪還に成功す自民の先に期待する民

東北の被災地に立ち亡き人のみたま安きをつとに乞いのむ

復興の鎚音たかく東北の大地を照らす朝日影かな

日本の政治のようやく動き出す自公が多数を占める国会

安倍さんの右傾化阻む公明党むしろ日本の舵取りによし

尖閣の島の領有に日中の対立軸の癒しがたきに

来る年の景気回復に満を持し知恵と勇気と金をそなへて

おもしろき楽しき世界の到来す景気回復の兆し明らか

あきんどの明るき春の足音に奮い立つ世のこの国の民

安倍さんを押して支えてともかくもこの乱世を行くがよしとす

安倍さんの捨て身の戦法に国たみの奮起を示しともに歩まん

この時に民主を退けてわが民の自民を選び王道を行く

ふにゃふにゃの民主を退けて確信の自民を推して世を拓き行く

日本の株式投資に大いなる望みを託し明日に生くべし

先に見る株主資本主義経済人それぞれに生きがひを得て

株式の先高を見て将来に望みを託し投資するべし

波荒き玄界灘に朝の日のかがやく間にそ船の出でゆく

富士山の初の光にあけそめて真白き嶺に眺むまほろま

あかときに昇る初日のほがらかに真しろき嶺ゆ光はなてり

見渡せば駿河の国の朗々と十国峠にひとり立つ我
12月18日。 続く
   


     新年の動向をを占う東京株式市場の大納会は、連日の連騰を受けて戻り高値をつけて1万円台を回復し、この日の取引を終えました。米国では財政の崖の是非を問う議会での議論が続き、賛否沸騰の状況ですが、民主、共和が歩み寄ってここ数日中にも法案は議会を通過することでしょう。それを見越した東京の大納会の堅調な動きでした。安倍政権誕生は日本経済にとって強気の、正に天の声であり、来年こそは捲土重来の幕開けとなることでしょう。ここは大いに希望を以て意思堅固、信念堅持で発奮し驀進すべきであります。この機を逃しては、国も民も再起を図るすべはありません。12月4日に当会の経済講演会を開きましたが、公私として招いたNHKの解説委員山田伸二先生の話をこの年のしめくくりにうかがうことができたことは幸いでした。当会の結論は、二大政党が崩れ落ちたことは慙愧に耐えぬところでしたが、政権交代を以て気分一新、人心一新を図り、一念発起、経済人が新しい世に臨むにあたって絶好のチャンスとなることを喜び迎えた次第です。ここでたびたびも進言しておりますが、経済に大転換が期待されます。日本株式は勇気を以て買うべきです。積年の苦渋に鍛えられた現在の株価は、これ以上の下値は想像できません。積極的に買って将来を、そして将来の日本に期待しましょう。11月の16日総選挙が始まった時点で、それこそ50年、つまり半世紀に一度あるかないかのチャンスであります。お金を持っている人で、経済感覚のある方は勇気を出して買っておくべきでしょう。少しでも余裕のある人は、できる範囲で楽しみに買っておくべきでしょう。まかり間違っても戻り売りなどと考えてはいけません、現物で持っている人は、辛抱強く所持していれば、倍になった時に売ってもいいのではないでしょうか。株を枕にして年を越せと奮起を促す次第です。そして経済社会に参加して活躍しているあまたの人は、日々の蓄積に新たな息吹を吹き込み新技術、新設備投資に意欲を以てもぞむでしょう。これぞ英知と伝統の昭和経済会々員の、以て会員たるゆえんであります。大いなるかな、日頃の研鑽努力が実を結んだ結果であります。           12月28日


   

2012.12.4

社団法人 昭和経済会
理事長 佐々木誠吾


copyright (c) Showa Economic Study Association サイトマップ プライバシーポリシー お問合せ