line

社団法人昭和経済会

理事長室より
LAST UPDATE: 2017年10月11日 RSS ATOM

HOME > 理事長室より

理事長室より

Vol.9-09 西澤宏繁氏 地方経済活性機構 初代社長に就任

     西澤宏繁氏

地方経済活性機構 初代社長に就任 

 
西澤宏繁氏、元東京都民銀行頭取が「地方経済活性機構」の社長に就任しました。
西澤社長には、東京都民銀行の頭取時代に、当会主催の講演親睦会に出席頂き「銀行による企業家育成と応援」と題して親しくご指導頂いて以来、格別なご支援ご交誼を頂いてきております。又、当会会員の多くも、同行に多大なお世話になっております。
「地方経済活性機構」は、先の国会に於いてようやく成立し、西澤氏は、その初代社長に就任してその重責につかれますが、氏の豊かな経験と才覚は我が国経済の大きな国益につながるものと確信して止みません。先に当会筆頭理事の高木新二郎氏が「産業再生機構」の委員長として類いまれなる手腕を発揮して、日本経済の再生に多大な貢献を果たされました。
今回の機構は、その地方版とも云うべきもので、政府が本腰を入れて依然として停滞する中小企業並びに、地方経済の格段な支援体制に踏み込んだものとして賞讃に価します。機構の目的と機能を最大限に活用すべく、関係当局との円滑、迅速な運用に期待するものであります。
当会と関係ある異才の人が、かくして斯界に意義深く重要に登用されて日本経済の発展と推進に活躍される姿を、以って範となし各位の更なる奮起、活躍を願うものであります。(8月1日)


      新幹線鉄道の建設と期待される水素エネルギー


 関係者の努力で、世界に冠たる日本の新幹線鉄道の建設が、大規模な輸出商品としてようやく認識され脚光を浴びる流れになってきた。今までさしたる動きもなかったが、輸出にともなって海外での高度な知識流出が懸念されてきたことも理由としてあげられる。しかしハイテクを初めとして、全体をコントロールする中枢部分の技術は、そう簡単に流用、盗用されるものでもない。
技術は更に高度に、精密に研究開発されて、後発の追随を許さぬもので技術立国日本の強みである。軌道の建設と列車の製造、その運用は広範の地域と分野に及び、当事国の繁栄につながるもので世界の平和に雄渾に直結するものである。当局並びに、関連企業の結集と奮起を願うものである。

 世界の先進国は今、エネルギー資源の獲得に躍起となっている。おしなべて後進国に厖大な資源が手つかずになっているところもある。農地、森林と同様、資源の乱開発も懸念されないこともない。CO2ばかりでなく、地球の生態型をみだす要因ともなりかねない。自然界からうる人間社会の生活エネルギー、生存エネルギーは、この先間断なく未来永劫に亘り続いてゆくであろう。有限的な資源の消費に目を奪われずにそれにとって代るよい方策はないだろうか。しかも生活環境、地球環境の汚染をともなわないクリーンなエネルギーを更に開発し、循環型生活の活用に結びつくエネルギーの確保が必要である。そのための研究開発にはどれ程の経費がかかるか判らないが、期待されるものは「水素エネルギー」である。
 水を分離して水素をとり出す方策だ。原子爆弾はおろか、水素爆弾まで開発、所有する危険な時代である。しかし、所有する大国が使用することは先づあるまい。核廃絶を訴えるアメリカのオバマ大統領の言行に、今、世界は大きなうねりとなって動き出した。この動きを結実しなければならない。
 そこで水爆という危険な巨大な破壊エネルギーを、平和なエネルギーに転換する技術を開発すべきである。これはできるはずである。しかもクリーン・エネルギーである。水素エネルギーの平和利用を編み出し、日本がその先鞭を切って進むべきである。「地球は青かった」とは最初の宇宙飛行士が吐いた言葉である。それを我々が地上で味わえるものとしたい。(8月1日)


       


 政権交代の実現(1)
  
 

山が崩れ、川の流れが変りました。
 8月30日に行われた衆議院議員選挙の結果は民主党が308議席を獲得し、圧倒的な勝利を収め、宿願の政権交代の実現を果しました。自民は119議席に敗北、歴史的惨敗を喫しました。
 今回の選挙の特長は、積年の自民党の堕落したマンネリにあきたらぬ国民が、変化を求めて民主党に一票を投じた結果であり、憲政史上画期的な出来事であります。
 ようやく二大政党時代に政権の移譲が可能となり、それだけ民主党の成長を示すものと思われます。
 その民主党ですが、これからの政権運営には未知数の点も多く、もとより困難な舵取りは覚悟の上でありますが、国民の付託に応え、清新にして発らつな政治手腕を発揮してもらいたいと思います。
 顧みて、自民の大物議員、古参議員が顔をそろえて落選している現状を見るにつけ、有権者の意識の変革を求める時代的流れは当然であり,正鵠を得たものであります。議員の清新にして発らつたる若返りはもとより、世論を背負って当壇した諸君たちの双肩にかかっています。堆積された汚物を政界から一掃清掃し、利権やしがらみのない政治の場を構築し、国民本位の政治を全うしてもらいたいと思います。
 308議席の上に立つ民主党の政治的責任は重大です。国民の信認と期待を裏切ることなく、驕りを排し、冷静沈着に政権の運営を図って欲しいと期待します。又グローバル化の波は看過しえない世界的思潮であり、現実であります。内外問題の解決と推進に英知を以ち、品格を以て積極果敢に挑んでもらいたいと思います。     (8月30日、深夜記)


         

       政権交代の実現(2)

   第45回衆議院議員選挙は、民主党が自公政権を圧倒的多数を以って制覇し、ここに民主党を中心とした政権が誕生することになりました。民主主義国家でありながら、半世紀に及んで自民党の一党独裁政治を許してきた我が国で、野党・民主党の政権獲得と、与党・自民党の下野は、政権交代の事実上、日本の憲政史上に記した画期的大変化であり、大事件であります。
   最近の政治的潮流は、二大政党に収れんされる勢いで民意が安定し、自民、民主の政策が次第に練達されて共通的視点と将来像が出てきて、政権交代が円滑に行われる素地が醸成されつつありました。政権交代は、日本国民が厳粛に下した選挙の結果であります。
   アメリカではオバマ政権が誕生し、初の黒人大統領として全世界の注目を浴びておりますが、そのオバマ氏のかかげる政治理念と、凋落したアメリカ経済の立て直しには、今までの概念と手法を以てしては、到底解決しえないジレンマに立たされていたアメリカ市民社会の状況でした。これに敢然として立ち向かったのが、アメリカ市民の賢明な判断と意志決定でした。結果、初の黒人大統領とまでいわれた選挙結果となりましたが、歴史的流れと必然性はもとより、そのこと以上に普遍性をもたらしたオバマ大統領の出現の意義となったわけであります。

    今回の政権交代は、自民党独裁政治に終止符を打ち、既制概念から脱却して再生をはかった国民の民意の決定とみて過言ではありません。(8月31日記)


     即 詠


権益としがらみにつく自民党政治にうきてもうろうの民

積年の自民党政治にへきえきし民主党政治に託すくにたみ

くにたみは今一票を行使して自民を絶ちて民主を担げり

山崩れ流れをかえし総選挙結果に臨むくにたみの先

くにたみの憲政史上に画期的変化をしるす総選挙とや

歴史的勝利を収む民主党嵐の夜の見入る結果に

人がらと個性のありてそれぞれに党の不安の寄合ひ所帯も

強力なリーダーシップを発揮して民意に沿いて先を行くべし

豪腕の小沢と友愛の鳩山の政治に映せくにたみの意志

台風の近づき去りて秋の日の天気晴朗の船出祝へり

                    (8月31日記)

平成21年8月1日

社団法人 昭和経済会
理事長 佐々木誠吾


copyright (c) Showa Economic Study Association サイトマップ プライバシーポリシー お問合せ