line

社団法人昭和経済会

理事長室より
LAST UPDATE: 2020年09月24日 RSS ATOM

HOME > 理事長室より

理事長室より

VOL.20.2

今年に入って早くも二月を迎えた。異常気象の現象であろうか、温かい毎日が続いてしのぎやすいのは幸いなことであるが、季節通りの気象にならないために、大きな影響を被っていることもある。積雪の多い観光地では、冬のスキーが雪不足でできないためにスキー場の閉鎖に追い込まれているところもある。札幌雪祭りも少量の降雪では実行に頭を痛めている。又農作物への影響も深刻である。農家に言わせると、積雪があり、雪の保温で助かっている農作物は冬場にはたくさんあるという話である。

  暖冬で野菜類の生育が順調過ぎて野菜の出荷は例年以上に活発で、値段も下がって消費者は助かっている。寒い時期には寒い生活環境があり、暑い季節には熱いなりに過ごすということが一番適った、最高の自然環境なのかもしれない。この状態が狂ってきているのは、謂うところの地球温暖化がもたらしている影響の結果である。之ばかりは人間の長い間にかけて犯した罪の報いであり仕業であって、この自然環境を正常に戻すには、人間の英知と努力が間断なく必要である。我々人類は、ようやくそのことに気づいた。この単純な原因と結果を知らなかったら、このまま地球環境はますます悪化して最悪の状態になって、自ら壊滅の結果を招くことになったに違いない。過ちを改めざる、これを過ちという、とは論語の教えである。途中で気づいてその気になって幸いであった。ただしアメリカの大統領の、トランプの旦那を除いてである。彼もそのうち改めることだろう。

   この暖かさで一週間程前から、拙宅の紅梅が鮮やかな深紅の色を灯して咲いている。そして白梅が今、真っ白な花を光らせて、香りが馥郁としてあたりに漂っている。白梅の花の型が大きく、ぎっしりと枝についてところを見ると、今年の梅は、粒が大きくそろって豊作だろう。楽しみである。今のうちに根元に肥料をたっぷりと置いてやるといいかもしれない。今日は、太いホースで水を沢山かけてやった。蕗の薹も、大きな頭を出してあちこちに頭をもたげている。温かい日差しを受けて、家内が蕗の薹を籠いっぱいに摘んで笑っている。 

紅白の梅の枝を折り仏壇の父母の御霊に供へけるかな

青空に映える紅梅の鮮やかに春の息吹に触れてうれしき    2月1日


[ 歴史ある名門の昭和経済会の会員募集]

  八十六年の歴史を有し、創立以来の理念を掲げて今日まで営々として、わが国の公私経済の発展に尽くしてきている、わが昭和経済会である。果たしてきた歴史的役割と活動は、会員諸兄の支援と協力による成果であり、賜物ある。誇りとして衷心より感謝申し上げている。

  この輪をさらに広げて将来の日本のあるべき姿、あるべき経済と指針の構築に英知と力を発揮して具現化していかねばならない。資本主義経済の下では、企業経営者と家計消費者の円滑な関係の構築が基本である。
  公益法人としての職責を果たし、旧財務省の文書課の許可による当会の誇りを以て向き合い、その運営は、理解と賛同を以て支援してくださる会員の力が必要である。そこで本年四月から会員の増強を図るため事務局が一大プロジェクトを作成し、会員の募集に力を尽くしていくことになった。

  多くの方々の賛同と、ご支持と、ご協力を得て、実現にまい進する所存である。会員諸兄の発展を祈念し、慎んでご報告申し上げる次第である。     2月3日


福は内と連呼して豆をまく春をまじかに開く梅かな

   武漢発新コロナ感染の状況

   昨年12月初め、中国湖北省の武漢市から発生した新型コロナウィルスは肺炎の症状を伴って世界27か国に伝播、防御態勢に戦戦兢兢である。中国では感染者は全土に及び、感染者は5万6000人を超え、死者も1200名に達している。治療薬、特効薬がないために目下は対症療法に頼らざるを得ない。
11万7000トンの豪華クルーズ船のダイアモンドプリンセス号には、三千七百人の乗員と乗組員を乗せたまま上陸を禁じられ横浜港に停泊したままである。当局は乗船者の検疫検査を逐次行って、船内の状況の把握に懸命であるが、今日現在感染者が日々増加しており、船内での感染者は216名に達している。感染者は下船され所轄の治療施設に搬送されている。国内にも人から人に感染したと思われる感染者が出ており、二次感染、三次感染が懸念される。
 一時感染、二次感染者が出たことで国内にも知らぬところでひそかに感染拡大が続いているとみてよい。感染者の死亡が確認されたが、肺炎の疑いがあって入院し、死亡前日に検査が行われた結果が陽性と判明した。本人がすでに死亡しているので、感染経過検査は出来ない。
 この新型コロナウィルスは、潜伏期間が極めて長いようである。その分拡大が懸念されるが、今のところ発症者の治療は対処療法で克服しているとし、比較的に重篤に至らないことが幸いである。ウィルスが変容していって悪性な性格に変体しない限り、いずれ治療薬が早期に発見されるものと思われる。暫くは適切な常識的予防策を講じて、感染を防ぐことに留意すべきで、万が一感染に気付いたときは適切な手段を講じて治療と快眠、快食、快便に徹し、安静に心がけるしかない。そしてほかに伝播させないことである。


ダイアモンドプリンセスとは地獄船変わり果てたる感染巣窟
海上に停泊の上乗員を軟禁のまま十日過ぎけり
牢獄に収監と同様むごたらし黴菌巣窟に置かれしが如
動かざる船と乗客の異常なる環境にある豪華客船
華やかな船の往来の息絶えて豪華客船の浮く横浜港
中国に謎の病原菌のさまざまに出現するは何ぞ故在り
猛烈な速度で経済拡大に覇権の野望も否定せざるに
世界第二位にある中国のGDP品位と行動の必須なるかな
中国の内陸深く経済の恩恵になき民のありけん
香港の民主化運動の鎮圧に中国の影深く及ぼす
中国の国土と民を安寧に統治の術もそれなりに又
武漢発コロナウィルスの感染症世界に伝播するはおぞまし
武漢市の封鎖を行ひ人民の移動を排除し防ぐ感染
今日現在感染者数四万余死者千名を超すというなり
横浜に停泊中の客船の感染者数の弐百名を超す
治療薬、特効薬の未だなく対症療法に頼るのみなり
楽しみの旅も苦難と忍耐と不安の海路となりてうとまし
未だ死者の出ざるを良しとし感染の被疑者の治療に励む良しとす

節分の豆まき

   山形県で作られた福豆を用意して、今日は拙宅でも節分の豆まきである。小生の気持ちを察してか、毎年この時期になると、クリスチャンである家内も、ちゃんと豆を買って用意しておいてくれる。豆まきに使う煎りまめはホックらと焼かれていて香ばしい匂いがして、つまんで食べるにはもってこいである。まきながらいつもつまんでいて、口に入れるほうが多いかもしれない。

   会社で熱っぽい議論を交わしてきたので、いささ神経もつかって疲労気味だったので、帰途に尾山台駅のドトールによってアイスティーを飲んでしばらく休んでいた。今晩は家に帰ると豆まきをしなければならない。豆の弾丸を武器に持っているとはいえ、鬼に対戦するには、こちらの体力が鬼に勝っていないと太刀打ちできない。しばらく休養を取ってから家内に迎えるように電話をして、短い距離だが尾山台駅まで車を運転して来てもらった。

   帰宅して背広を着たままであったが手を洗い、歯を磨き、うがいして身を清めた。一合マスの中に山形産の煎り豆を二袋入れて一階の応接間から居間、ダイニングルーム、風呂場、トイレそして和室と玄関など、窓やドアのある所はくまなく開けて「福はうち鬼は外」と、はばかりなく連呼して豆を力いっぱい撒きめぐった。妻が先行して予め窓を開けてくれていたので、こちらは撒くだけの作業であったが、撒いた後の窓を閉める作業は、ついでに小生が行っていった。いくら大きな声を出して撒いてていっても、近所にはあまり聞こえないはずである。鬼たちを追い払うには、支障はない。鬼をめがけて確実に撒いているので、的中率は高い結果が出ているはずである。一階二階と全ての部屋を回って、家内と一緒に儀式を執り行って戻ってきたら、マスの中の煎り豆はほとんど撒きつくしていた。福を呼び寄せ、鬼を追い払ったことで気分がすっきりした。更には庭の陰に鬼が隠れて潜んでいたりしないよう、庭に出てから、屋敷の四方八方に豆をまいたので効果は完璧である。 澄み切った夜空に、月が光っていた。  そのあとは、のんびりと呑気になって風呂に浸かり「黄色いリボンの歌」を歌っていることができた。明日は立春である。 2月3日



猛威となる可能性  新型コロナウィルス

昨年12月初め、中国湖北省の武漢市から発生した新型コロナウィルスは肺炎の症状を伴って今や世界27か国に伝播、防御態勢に戦戦兢兢である。中国では感染者は全土に及び、感染者は5万6000人を超え、死者も1200名に達している。治療薬、特効薬がないために目下は対症療法に頼らざるを得ない。
11万7000トンの豪華クルーズ船のダイアモンドプリンセス号には、三千七百人の乗員と乗組員を乗せたまま上陸を禁じられ横浜港に停泊したままである。当局は乗船者の検疫検査を逐次行って、船内の状況の把握に懸命であるが、今日現在感染者が日々増加しており、船内での感染者は216名に達している。感染者は下船され所轄の治療施設に搬送されている。国内にも人から人に感染したと思われる感染者が出ており、二次感染、三次感染が懸念される。
 一時感染、二次感染者が出たことで国内にも知らぬところでひそかに感染拡大が続いているとみてよい。感染者の死亡が確認されたが、肺炎の疑いがあって入院し、死亡前日に検査が行われた結果が陽性と判明した。本人がすでに死亡しているので、感染経過検査は出来ない。
 この新型コロナウィルスは、潜伏期間が極めて長いようである。その分拡大が懸念されるが、今のところ発症者の治療は対処療法で克服しているとし、比較的に重篤に至らないことが幸いである。ウィルスが変容していって悪性な性格に変体しない限り、いずれ治療薬が早期に発見されるものと思われる。暫くは適切な常識的予防策を講じて、感染を防ぐことに留意すべきで、万が一感染に気付いたときは適切な手段を講じて治療と快眠、快食、快便に徹し、安静に心がける、日常の平凡な対象療法しかない。そしてほかに伝播させないことである。


ダイアモンドプリンセスとは地獄船変わり果てたる感染巣窟
海上に停泊の上乗員を軟禁のまま十日過ぎけり
牢獄に収監と同様むごたらし黴菌巣窟に置かれしが如
動かざる船と乗客の異常なる環境にある豪華客船
華やかな船の往来の息絶えて豪華客船の浮く横浜港
中国に謎の病原菌のさまざまに出現するは何ぞ故在り
猛烈な速度で経済拡大に覇権の野望も否定せざるに
世界第二位にある中国のGDP品位と行動の必須なるかな
中国の内陸深く経済の恩恵になき民のありけん
香港の民主化運動の鎮圧に中国の影深く及ぼす
中国の国土と民を安寧に統治の術もそれなりに又
武漢発コロナウィルスの感染症世界に伝播するはおぞまし
武漢市の封鎖を行ひ人民の移動を排除し防ぐ感染
今日現在感染者数四万余死者千名を超すというなり
横浜に停泊中の客船の感染者数の弐百名を超す
治療薬、特効薬の未だなく対症療法に頼るのみなり
楽しみの旅も苦難と忍耐と不安の海路となりてうとまし
未だ死者の出ざるを良しとし感染の被疑者の治療に励む良しとす


   感染者の増加率に減少が、問題である。

   テレビのニュースで、新型コレラウィルスに効く薬が見つかったという朗報が入ってきた。豆まきの効能、神通力が、さっそく効いた感じである。 
  タイの医療チームが検証した結果であるが、エイズ発症を抑える薬と、インフルエンザの薬を交互に使って新型コレラウィルスを死滅させることができたという報告である。  又、アメリカの医療当局の話で、エボラ抗ウィルス薬を使ったところ同じく、同様の効果を上げることができたということである。専門家によると、こうした一例だけで直ちに有効な投薬とは断定できないとして、臨床治験が必要とのことであるが、喫急の課題であるがゆえに素早く、効果的なものは躊躇なく大胆に推し進めていくべきである。

 そして中国での感染者数の拡大が報じられて既に1万7000人に達したといわれ、死者数も300人を超したということで危機感が増幅している。 数字だけを見て悲観視するばかりでなく、冷静に見る必要もある。問題は絶対数の増加ではなく、増加率に目を置くことである。増加率の幅が縮小してきているかが問題である。縮小してきていれば、拡大に歯止めがかかって、収束に向かっているとみることができる。しかし広大な国土と、膨大な人口の中国のこと、コロナウィルスがどこまで感染、拡大していくかわからない。これから出てくる数字に驚くばかりとなるのではないか。いずれにしろこれからの一週間が山場かもしれない。広い中国大陸のこと、武漢から出て中国の春節の人口移動によって、感染潜在者がひそかに全土にまかれていることは確かである。

   こうした中、新薬の開発に努力が払われ、とにかく悲観材料の報告が多い中、以て喜びとする朗報はありがたい。アメリカをはじめとして世界各国で、蔓延する病疫防止のため対中国の渡航禁止まで出されている現状は、嘆かわしく、中国の孤立化を招くことは、長期的にみて国際社会に対する大きな影響を及ぼしており、これこそ危険である。中国はすでに世界第二の経済大国として、世界経済の枠にがっちりと組み込まれていることを忘れてはならない。中国がずっこければ、世界経済もずっこけるということである。かかる認識が必要である。

豆をまく先を逃げ行く鬼どもに追撃の手の容赦なきなり

わめきつつ赤鬼どもの逃げ惑ふ我が撃つ豆を除けつ払ひつ

福はうち声弾ませて鬼はそと住まふあたりに響くわが声

福を呼び厄を払ひて節分のめでたきことを済ます今日の日

世の中の厄を払いて平穏の日々を暮らすは幸ひなりき

福豆を年の数だけ噛みくだき呑み込む今日の光る春かな        二月三日


     豪華客船の混乱と限界

   中国湖北省の武漢市から発生した、新型コロナウィルスの感染拡大が続いている。混乱と焦燥を象徴する事例が、日本の横浜港に停泊するクルーズの豪華客船ダイアモンドプリンセスの乗客、乗務員3700人の上にのしかかっており、潜伏期間の解消が確認できるまでの12・5日間の上陸をはばまれて、接岸したままの状態で船内に閉じ込められている。隔離軟禁された状態と同じであり、船内の人たちの焦燥と不安は計り知れない。と云うのも、船内でのお互いの接触を禁じているとはいいながら、百パーセント感染を予防できるものではない。逆な発想をすれば、ダイアモンドプリンセスという建造物に隔離、密閉されているがゆえに、敢えて感染する機会のほうが確率は高い。極論すれば、乗船している人たち全員が感染するのを待っているのと同じことになる。その可能性に近い感染者が陸続として出現してくることになる。感染の確認を待っているだけということになる。対応の難しい課題である。

  上陸を禁じられてから既に五日間が過ぎており、その間に感染者が百三十五人も出て、昨日の間に六十五人の感染者が出て病院に搬送された。今月19日までの間に感染者が出ないことを確認してからウィルス検査をして、陰性であれば上陸をし帰宅を許可するということである。船内に取り残されている人たちには、高齢者もたくさんいて中には持病者もいる。体の不調を訴える人、投薬している薬を求める人、そして部屋の環境の劣化を嘆く人、困惑の状態は様々であり、事態の一刻も早い解決が望まれている。

  発生源となった中国では感染者がすでに4万5000人を超したとされ、死者も1000人をこしたという。2002年11月に発症したサーズの時の記録を超してしまった状況である。しかも拡大するスピードが遥かに速く、世界各国に蔓延している。この分だとコロナウィルスの感染拡大がいつ収束するか、不安が増幅するばかりである。幸いなことに感染者の肺炎の病状が軽いこと、又死亡率がエボラ出血熱の時やサーズの時と異なり低いことである。死亡率が低くても、感染の絶対数が大きく拡大すれば、解釈は別である。ウィルスの潜伏期間にも、他に感染するという始末の悪さが問題である。あたらしく発生したウィルスだけに治療薬がないこと、抗生剤もなく今のところ対象療法に頼るしかない。特効薬の開発、ワクチンの研究開発も急がれる。

  テレビや新聞の報道が適性を得て報道されているので、人々は異常な反応を得ずに冷静に対応していることは、幸いである。春節を終えた中国では、14億を有する国の人口の大移動が見られず不思議な現象であり、都市は閑散として人影もない様子である。むしろ静かさに堪える人々の恐怖感を感じてくる。こうした状況が中国全土に及ぶとしたら、戦慄を感じてくる。人々がじっとして動かず、人間の経済活動がぴたりと止まってしまった感じである。社会の行き着くところは想像に難くない。習近平主席も、ウィルスの感染拡大を阻止すべく適切な措置を指令し、陣頭に立って懸命である。混乱を避けて、収束に向けた努力が望まれる。一刻も早い収束と改善のためアメリカをはじめとして世界各国が防止対策に集中し、且つ救援の手を差し伸べている。日本もできる限りの援助と支援を惜しまないでいる。

海上に停泊の上乗員を軟禁のまま十日過ぎけり
感染を促すために在りしかと訝るクルーズ豪華客船
いたずらに感染者の増幅を待つ客船の閉鎖空間
ウィルスの感染期間の十二日何を根拠に設けたるかや           
ダイアモンド・プリンセスとは地獄船変わはり果てたる感染巣窟
動かざる船と乗客の異常なる環境にある豪華客船
異常なる感染力に怯えたつコロナウィルスの世界各地に
華やかな船の行き来も息途絶え豪華客船の浮く横浜港
3月11日

春宵一刻、惜しまずに遊ぶ

冴えかえる空を見上げてわがうちに淑気の満ちて春は弾めり
春の空見上げる果てに花の帯引きつ追いつつジェット機の飛ぶ
我が家より田園調布の駅にまで歩く春立つ午後の日差しに
きさらぎの空は長閑に澄み渡り日は穏やかに月は白みて
見上ぐれば長閑にかかる日は西に月は東にきさらぎの空
我が庵の窓辺に遅き春きたり花も小鳥も喜び生けり
さはやかな香りを放つひと枝を手向けて妻にささぐ白梅
梅の香の匂ふ林の細道を妻と行く日の幸ひなりき
なまけ癖ついぞ出でたり連休に精勤の道途絶えたる末
思へらく我が周りに友垣のおおむね消えて寂しかりけり
助け合ひ励まし来る友がきの皆かくれさり我一人のみ
春分のめぐりてくれば万象の息づく気配の身にも覚へり
啓蟄の季節巡りてわが身にも五臓六腑の確とうごめく
この頃の便通の良き体にて爽快の身に知恵の湧き出づ
良くぞいう快食、快眠、快便と天意に従ふ良きや人生
掘り起こすはたけの土に皆動く生き物たちの生の胎動
赤飯の握り飯など昼食に長閑にうつらうつら過ごせり
秋ナスの漬物を手に実家まで母の食卓に叶へけるかも
秋茄子のあまたに採れて漬物に年明け皆に食べていただく
仏壇に添えたる白梅、紅梅の華やかに舞ひ偲ぶほとけら
母さんのあとに従ひ山道を疎開の先のうまし思ひ出
蕗の薹そろひ出でたる春宵の匂ひを嗅ぎて過ぐるひととき
傘さして静かに居はすぼうたんの住まいにしきる春の雨かな
ぼうたんの笠にしたたる春雨のあたりに白くにじむ宵かな
詩を吟じ春宵一刻千金の我が家を照らす春の月かな
うららかな日和となりぬ今日からはわが行く旅の奥の細道
受け取りし春の便りのみちのくの友なればいざ旅に出でむや
春の灯のともりて寺のみほとけも艶めきをりぬいかるがの里        2月11日


   新型コロナウィルスの集団感染が起きたクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」に拘束されていた乗員が14日間の閉そく状態からようやく解放されることになった。高齢者を中心とした乗客ら3700名の下船が三日間に分けて始まった。初日の対象者は約500人で、ウイルス検査で陰性が確認されている乗客らである。
  船内での当初の感染者が発覚されてから今日までに計542人の感染者が診療先の病院に搬送された。船内の密室という異常な状況下で、感染拡大が及び、予想外の結果になったことに大きな反響が沸き上がってきている。
船内に拘束されたまま14日間、乗客、乗務員たちにも心身の限界が見られていたがゆえに、今日の下船開始はまたとない朗報である。楽しみだった豪華な船旅が、忍耐の限界に達するまでの悲惨な状況を強いられ、陰鬱な日々を過ごさねばならなくなってしまったが、一人の犠牲者もなくウイルス検査を終了できたことは幸いとしなければならない。治療にあたってきた多くの医療団の人たちにも深甚の感謝の意をお伝えしたい。 

尚、新型コロナウィルスの蔓延する中国では 新型コロナウイルスの感染者数は7万4000人を超えている。死者は2100人を上回る深刻な状況である。このうち湖北省の感染者は中国全土の約8割であり、死者数は9割以上を占めている。中国当局は、中国での感染拡大は、感染増加の進行状態からして峠を超して最悪の状況は脱しつつあると述べている。これ以上の拡大はぜひとも食い止めてもらいたい。
  重要会議である、中国の全人代会議も開催日を延期したくらいである。 不必要な国内の人間の移動を禁止している状況であるがゆえに、物流にも大きな支障が出てきて、世界での、中国の生産工場の役割がマヒ状態になれば、世界経済に与える影響は甚大且つ深刻な様相となってくる。日本の工場生産も一部中止に追い込まれている。観光事業の打撃も大きく、中国からの来日がゼロとなって企業倒産も出てきている。注視していく必要がある。。   2月19日


蔓延す新型コロナウィルスの中国武漢が震源の地とは

急速に増す肺炎患者数、感染防止に対策の要

武漢より避難民衆のあまた居てゴーストタウンと街は寂れり

蔓延す中国新型肺炎症、原因不明に世はあわてける

清国の中国いまだ変らじと文化の深く謎めきにける

列強の西洋諸国の清国に侵略の兵の亡霊かとも

清国のあまた貧民を奴隷化す帝国主義の過酷政治に

WHO判断に怯ゆ民衆の武漢脱出につのる危機感

十四億の民が一斉に騒ぎ出す病ひと死とにさいなまれしに

とざされし民のいづこに生くべきかおののく中国ゆるる大地の

人の世に原因不明の疫病の又もはやりぬコロナウィルスの


あこがれの海の航路もウィルスの汚染巣窟と化して行く船

クルーズ船より下船する乗客の不安のなおも付きまとひける

紺碧の海も淀みて客船のウィルス汚染に漂流の旅

散々な日にも会ひたる乗客のクルーズ船より解放の今日

ウィルスの潜伏期間に縛られて汚染の船に幽閉の日々     2月19日

困った病原体

   良し悪しは別にして、自然界には誰の責任でもないが、数えきれない未知数の細菌が存在し、生成され、消滅を繰り返していくのが習わしである。人類もそのなかの一部にすぎない、と考えるのが妥当である。今までに存在しなかったものが突如出現し、これに不慣れな人間が、その適応になれないがために当惑し慌てだすのである。人間にとって良い細菌が、微生物が現れる場合もあれば、人間にとって害悪となるバクテリアも出てくる時がある。発生する原因が不明だから、因果関係が分からずに対応できずにいるのが実情である。原因の解明がなされれば、結果が判明するから、生成過程がつかめて初めて我々が制御が可能となる。コロナウィルスも、そうした状況で生まれてきたがゆえに、それによって惹起される疾患について、今のところ我々の手に負えずに感染の拡大を恐れているわけだ。

   ダイアモンドプリンセスから下船できた乗船者が、コロナウィルスの感染なしという当局のお墨付けを受けて、船から地上に降りて現実の社会に散っていった。これ自体はよろこばしいことであり、幸いな結果ともろ手を挙げて祝福したいところである。しかしそうした措置に対して疑念を投げかける識者がいるし、不安を感じる外国人がいて、日本政府の対応に疑念を投げかける国もあって、国際社会の評価はさまざまである。
   密閉された船の中に何日間も幽閉され、推定される感染者と共に14日間も同居を強いられたとしたら、お互いに感染しないほうがむしろ不思議といわねばならない。こうした点で、停泊する船内に乗船者の上陸を阻み隔離させたとすれば、結果として乗船者の感染拡大をもたらしたものと判断するほかないだろう。かかる措置によって感染者でない者たちが、コロナウィルスを移されてしまったということになる。極論すれば、客船の乗客、乗務員の3700名全員が感染しても当然だったということである。しかも14日間を経過して発症しなければ、今後は安全だという確証が、神に許しを以て認知されたわけではない。コロナウィルスの正体は依然として不明である。下船した人たちが、いつ潜伏期間を破って発症しないとも限らない。心配であり、不安である。 こうした状況を打破して、いつから晴れ晴れとした社会生活が戻ってくるか、今日も新たな感染者が出ており、こうした状況がいつまで続くか誰も予測できないでいる。予定されているイヴェントも延期されたり中止されたりしている。感染者が、水面下で全国的に広がっている証左である。 油断禁物だ。 2月21日  


コロナウィルスの世界的拡散
クラスター爆弾

  中国武漢から発生した新型コロナウィルスに拡散が、今月半ば過ぎから世界的な規模で爆発的に拡散し始めた。日本でも全国的に感染者が出てきており、特に北海道は35名の感染者が確認されており、感染経路もはっきりとつかめてきている。小学生が複数出てきていることから、全道で小、中学校の学級閉鎖も考えられている。この際、閉校にして様子を見ることが賢明である。
  
  中国の武漢では都市の封鎖が行われて、事実上、都市機能が停止し、人も物も動きが止まり、街に人影はなく経済活動が停止した状態である。中国政府は、武漢を実験場としてデータを集め、全国への蔓延を防止することに全力を集中している。感染者は7万7600人以上に達し、死者時は2660余人となっている。発生数は爆発的だが、収容する医療施設が間に合わず、多くの人々が満足な治療を受けられないまま死亡している。このれほどの緊急な事態に遭遇すれば、人海、物量戦術をもってしても、対応できるものではない。
  
   感染はイタリアにまで飛び火して、感染者数がここ数日間で300人を超え大きな社会問題になって市民は恐怖を抱いている。普段から情報の少ないイタリアだが、株式市場は5パーセント以上急落して、意外な、想定外な展開を示している。屋外での集会を禁止したりしているが、サンマルコ寺院と広場は出入り禁止に、オペラのスカラ座などの一時閉館も行わている。

   新型コロナの感染伝播がアジアだけでなく欧米でもかなりの速度で広がったことから、昨日のアメリカのニューヨーク市場も終値で1031ドルの急落をし、今日の東京株式も800円の急落で始まって一時は1000円以上も下げる場面もあり、結局781円安でこの日の取引を終えている。昨日、今日と金融市場を直撃した、新型コロナウィルスの影響で激震が走った。

  11万7000トンの豪華客船ダイアモンドプリンセスは、戦艦大和の二倍の大きさである。そこから発生した感染者も、乗客乗務員合わせて3700名のうち、結局700名近くに上った。そこで発生した感染者はなんと800名以上である。後の乗員は、14日間の経過観察ののち陰性と判明した人たちの下船が始まって、全員の下船が一昨日終了した。しかし帰途に就いた人たちの中から、陽性反応者が出てきている。こうした動向も気になるところである。船中に隔離された密室の中で、むしろ感染者を作り出した結果になって、豪華客船は巨大な感染者製造機になったのではないか、対応が大いに疑問である。

発生元となった中国では、中国全人代の大会が延期されるという事態になった。一年の活動方針と予算を決定する重要案件の機関である。大会には全国から3000人からの代議員が集結する大規模集会である。日本でいう国会に当たる。これが延期となるという除隊は中国歴史上かって経験しなかったもので、いかに重大な局面化が推察でき、かなりの影響が出てくるに違いない。一例だが、日本でも不要不急の外出、集会などを自粛するよう政府からの発表である。
  
   事態の収束が見通せず困惑した様相だが、ここ二週間の動向が山場ではないだろうか。日本国内でもイタリア同様、大きなイヴェントが延期ないし中止に追い込まれている。 冷静に対応して、一刻も早く収束に向けた努力が官民一体となって実行されるべきである。 2月25日


昔ヴェトナム戦争の時に米軍が敵軍の掃討作戦に用いた兵器に、クラスター爆弾があった。今新型コロナウィルスの集団感染のもとになるウィルスのクラスター感染なる用語が盛んに使われて恐れられている。クラスターという響きも何となく、ものを冷酷に引き裂き破壊する印象が強いが、事実はその通りである。
  新型コロナウィルスは今世界の48の国と地域に広がって、世界的感染拡大を危惧する報道が盛んであるが、冷静に受けとめて日々の生活を防衛的に過ごすべきである。感染症の不知の病原菌の散布を受けないよう、不要不急の集会やエヴェントには出席したり出向かないようにしたほうが賢明である。
  帰宅したら、今日の郵便受けには一通の葉書があった。3月7日の予定されている母校の校友会の代議員会議が中止になった旨の通知であった。かように集会やエヴェントの自粛が行き渡っていることは、今回のコロナウィルスに対する国民の厳しい認識が、正しく行き渡っていることの証左である。中国の混乱ははもとよりだが、韓国の感染者がこの三日間で急増し1200余名となって韓国政府は国家的危機として対応に追われている。又イタリアが300名以上の感染者となっており、イランも感染者が多く際立ってきてる。
  世界的に蔓延していく状況は、経済に与える影響が甚大である。各國が閉鎖的環境を助長していくようだと、金融市場、物流市場に与える悪しき影響は無視できない。世界的蔓延、クラスター感染を阻止すべく官民一体となって、国際社会が協力し合っていき、一刻も早い収束の道を手にしなければならない。    2月26日

コロナウィルスの感染者が、世界的に蔓延している状況である。南極大陸を除いた五大陸で、正体不明の感染者が渦巻く結果になった。検査体制が遅れている地域もたくさんあるから、症状に出ていない予備軍は相当潜伏しているはずである。

  今日夕方の記者会見で、安倍首相は小学、中学、高校の全てに対して、春休みまでの約二週間を休校としたことについての説明を行った。ここ二週間が山場とみてその間の感染を防ぐために決断したと語った。号外が発行される事態で、緊張感が走った。政府が決定したことについての賛否両論があるが、今となっては遅まきながらやらざるを得ない。休校によって生じる勤労者の給与保証は政府が責任を以て対応することとした。検査医療機関の充実、検査費用の保険適用も実施する。

  感染者拡大が危惧された北海道では、緊急事態宣言を道知事が呼び掛けて機嫌を伐っての外出を控えるよう呼び掛けている。北海道では感染者が60名となり全国一の状況に鑑みて、緊急事態宣言に踏み切った。北海道の雪まつりで、中国の環境客が多く訪れており、ほぼ時期が一致する。

  その中国では感染者の増加数が一日1000名を割ってきたことから、これを山場を過ぎたと解釈する専門家の意見である。発表では感染者数は8万7000名以上、死者も3000名以上に及んでいる。又、韓国の感染者の数がここにきて急増している。3150名を超し、死者も30名以上となって文政権の支持率の低下に拍車がかかっている。イタリアも感染者588名となり、イランでは388名といずれも急増中である。油断は許されない。

  感染対策には、対症療法の原始的対応しか取れていない。もっぱら患者の自律的治癒を待つしかない。したがって体力のない高齢者や基礎疾患を持った感染者が、死亡するケースが多い特効薬が開発されていない現在、感染拡大を防ぐには、人との接触を避けるしかない。したがって集会はほとんど中止されて外出者が街から姿を消した光景が一般的である。

  こうした状況がいつまで続くか、経済に与える絵お経は深刻である。アメリカをはじめとして金融市場が混乱している。ニューヨーク株式市場でも連日の株価暴落に見舞われている。一昨日は1100ドル以上の暴落であり歴史上はじめてに経験、昨日も一時1000ドル以上の急落のあと引けにかけて値を戻し350ドル前後の急落を演じて終わっている。ニューヨークダウは、ここ一週間で3583ドルの下げを演じ14パーセントも下がっている。同様に世界各國の株式市場も急落中である。原油価格も45ドル近辺にまで急落した。市場は、リーマンショック以上の衝撃を受けている。日本の株式も同様で、連日のの急落の波に襲われていて投資家の顔もさえないままである。街なかや、市場は不景気到来を暗示しているようで、経営者の心配は増幅するばかりである。特に中国経済の景況感はリーマンショックの時を下回り過去最低となって深刻である。

  コロナウィルス感染の拡大が短期で終息するか、それとも長引く様相になるか、感染拡大を止めるには、ここ一か月が正念場であるかもしれない。 実に憂鬱である。続く   2月29日

社団法人 昭和経済会
理事長 佐々木誠吾


copyright (c) Showa Economic Study Association サイトマップ プライバシーポリシー お問合せ