line

社団法人昭和経済会

理事長室より
LAST UPDATE: 2017年10月24日 RSS ATOM

HOME > 理事長室より

理事長室より

Vol.8-09 北京オリンピック閉会式

         中国北京で開かれた第29回オリンピックの競技の激戦は,史上最大となった204の参加国、並びに地域の選手たちによって行われました。結果、選手たちは抜群の技量を発揮し、大会は全種目の競技を無事に終了しました。昨日、24日夜,国家体育場、愛称「鳥の巣」で、参加各国の首脳の参加も賑やかに、盛大かつ、華やかに閉会式が行なわれました。北京オリンピックは大成功裡に終宴できたことは、中国はもとより世界にとって、平和への道程を以って将来に向かって邁進すべきことの大いなる教訓を全世界に示してくれました。オリンピックの精神を現実に生かした国際的イベントは、友愛と平和への行動をもって、率先垂範する力強い証明となりました。そのことに対し中国が、国威を揚げて世界に訴えたことは大きな意義があります。
        経済大国としてのしあがった中国が、将来の国際社会に大きな影響を及ぼしていることは紛れもない事実であります。世界は、オリンピック後の中国の経済の後退を懸念する向きがありますが、当局の抜群な経済、財政政策の能力(分析、立案、実行)を以って、国内の秩序を維持し、国際社会に臨む姿勢は類まれなものと思考し、期待していいのではないでしょうか。更なる飛躍と発展を期平和と繁栄のために尽力することを期待してやみません。同時に各国も、このたびの北京オリンピックで示された相互理解と協調路線を踏襲し、スポーツ精神を現実の政治、経済政策にも投影して、調和的発展に向けて努力すべきであります。
       報道によると、テロを封じ、大気汚染を食い止め、おびただしい食料の安全管理を、そして毅然とした秩序の影に何かと不当な圧力があったと報じられています。特に問題視された大気汚染を短期間にしろくいとめた実績は、今後の各地の大気汚染の防止政策に大きな教訓となることでしょう。あれほどの巨大な国際イベントを完遂するには、当局の相当の努力が必要です。国際的行事に便乗した国際テロを封じ込め、一部の狼藉者を排除するには、主催国にとっての責任は重く、相当の努力が必要であります。多少の軋轢はあったにせよ、アジアで開かれた北京オリンピックは無事故で、国際社会に美しい形となって成就しました。各選手が積み重ねてきた努力が、素晴らしい成果をもたらし、感動の場面を私たちの心に鮮明に焼き付けてくれています。努力して鍛えることの大切さ、それがもたらす夢と希望が、世界の人々に改めて奮起を促してくれました。
       私たちの世界には、成し得た人様の言動に対して、揚げ足を取ったり、あげつらう風潮が日常茶飯事であります。国と国との間でも、そしたことが度々散見されます。今回も同様、ともすると微少の欠点を以って批判、攻撃する風潮が多く見られますが、これは枝葉末節にすぎません。決してこれを軽視したり無視したりするものではありませんが、木を見て大きな森を見ずの類いであります。しかしながら、小事に批判が課せられるのは、それだけ大国の中国にたいする期待への裏返しでもあります。中国は、大人の風格を以ってこれに臨み、期待された道を進んでいくことでしょう。準備のために長い道のりを歩んできた今回の国際的大事業のオリンピックは、史上最大の規模となりました。中国も、幾多の困難を乗り越えて、これを見事に実現しました。、成功裡に終わった北京オリンピックを感謝しつつ、みんなと一緒にこれを祝福し、次の開催をロンドンオリンピックに手渡し、不滅の聖火を人類の責務として、未来永劫にわたって灯し続けて行こうではありませんか。           8月25日。

平成20年8月26日

社団法人 昭和経済会
理事長 佐々木誠吾

Vol.8-08 北京オリンピック


2008年8月8日、世界が期待し、中国が百年来夢に抱いてきたオリンピック開催が、北京で盛大に点火されました。史上最大の204ヶ国と地域から選手、役員、約16000人が参加して28競技、302種目で、美と術と力を競います。私はこの日、8時で仕事を終え家路につきました。9時から始まった開会式の模様をテレビで観覧するためでした。各種の競技を通じて、選手たちの奮闘を祈って止みません。
  主たる会場の国家体育場は、鳥の巣を形どった巨大ドームで、近年、驚異的経済発展をとげる中国の姿を象徴し、国威高揚にマッチしたものです。待望の世界のスポーツの祭典、北京オリンピックを機に、世界の目が再び中国に注がれています。同時に、13億の中国の人民の目が、今まで目にしなかった多くの外国の人々に注がれることになります。自由と民主主義の現代資本主義社会の国々からすると、政治的には一党政治をかかげ解放なかばに立つ中国ですが、世界に開かれた世紀の巨大イベントと、そのあとの中国の変化をどう見ていくでしょうか。これからの世界が重要視する最大関心事です。
      中国は日本の三十倍の広大な国土と、13億の民を統率して目ざましい経済発表を遂げてきて、文字通り経済大国にのし上がりました。鄧小平が改革・開放政策を掲げてからはや三十年 中国の対外政策は国内の継続的な改革・開放政策と、世界との一大交流の波は大きな奔流となって今に至り、更には今後の世界経済と政治の動きに大きな影響を及ぼすことは必定です。今日、華やかに開催された北京オリンピックの成功を期し、中国国民にとって大きなプラスとなって結実し、尚又国内の改革に拍車をかけることによって、各国との秩序と中庸と共存を維持しながら、中国が開かれた大きな世界に自由に飛躍し、平和の貢献に結びつくことを願っています。
      北京オリンピックは中国の姿を、世界のスポーツ競技を通じて相互理解と協力を示し合い、熱い友情を映し出すことは、これからの中国の発展に大きくプラスに影響することでしょう。地球上には多種多様の民族がいること、中国内でも漢族の他に56の小数民族がいることを中国人たちが認識したことでしょう。そんなに沢山の少数民族がいることを、聖火リレーを通じて私たちも初めて知りました。中国百年の夢である北京オリンピック開催に向けた中国と人民の情勢と努力は、もとより賞賛に価します。今夜の開会式の模様を目の当りにして、四千年の人類の歴史と文化は圧巻であり、将来に向けての心意気を心強く感じてきました。4000年の歴史の歩みを続けてきた中国は、古人の云い残した教訓として、人間の「徳と知と情」の重要性を示して、世界の人々に発信しました。
       北京オリンピックの開催を意義有らしめるべく、美と力とスピードを競う国際競技大会から、勝負に拘らず、メダルの数に執着せず、是非とも国際社会が、この貴重な教訓を得て、自由と平和を基礎とした将来の進歩、発展に生かしてもらいたいと念願してやみません。
      惜しむらくは、その一方で、北京オリンピック精神に反旗を翻すような事件の情報が、今日飛び込んできました。黒海沿岸のグルジアと、ロシアとの武力衝突が勃発、戦火が拡大される懸念は、人間の性とは云え世界平和の祭典の時にとって何たる届恥的盲挙でしょうか。武力衝突を避けて、話し合いの場にお互いの主張を移して平和裡に解決を図るべきであります。
      我々は、英知と互譲の精神を発揮して、国際秩序を乱すような彼らの暴挙に毅然として立ち向かっていけねばなりません。この小さなかけがえのない地球から、暴力行為を排除しなければなりません。こうした時、平和主義、自由主義、民主主義の理念を高々と謳いあげている日本国憲法の偉大さに気付くのであります。この理念こそ、オリンピックの精神に相通じるものであります。この精神を国際社会に打ちたててこそ、人間性を駆歌した真の世界がやってくるのでしょう。政治の理念を、オリンピック精神に反映し現実化したものが日本国憲法であります。北京オリンピックの意義の高揚と、成功を期して止みません。

平成20年8月11日

社団法人 昭和経済会
理事長 佐々木誠吾


copyright (c) Showa Economic Study Association サイトマップ プライバシーポリシー お問合せ